DLコンテンツ__CJMb2c_20181010.jpg

顧客ロイヤルティマネジメントのためのカスタマージャーニーマップ

ペルソナを設定し、カスタマージャーニーのマップに即した定性分析が一般的になりつつあります。

しかし、これを実際にどこまでマーケティングにいかせていますか。


仮想で設定した、たった一人のペルソナの行動を追っていくだけでは、行動分析に限界があります。

 

それを解決するのが、トータル・エンゲージメント・グループが提供するNPSを活用して定量分析をベースにした顧客ロイヤルティ化プログラムです。

ペルソナを想定して作成したマップではなく、アンケートで仮説を定量的に検証した結果をマップに落していく手法を取ります。

こちらの記事を参考にしてください)


そこで使われる、B to Cのカスタマージャーニーマップがこちらからダウンロードできますので、ご活用ください。


NPSとの連動に関心のある方は、トータル・エンゲージメント・グループまでお問い合わせください。