カスタマージャーニーマップで確実に結果を出すNPS活用法

開 催 概 要

より顧客の実態に沿ったカスタマージャーニーのマップを作る時代になり、想定上のペルソナの顧客ではなく、NPSの数値をもとにして定量的に検証し、マップにしていく手法があります。

その手法を実践している、トータル・エンゲージメント・グループのパートナーコンサルタント渡部が「琴線感度」にふれる顧客の洗い出しとアプローチについて解説します。

参考:上記を解説したブログ 「琴線感度」カスタマージャーニーマップで、ロイヤルティーを上げよう

日時: 2018年11月14日(水)15:00-16:30 (開場:14:30)
会場: ちよだプラットフォームスクウェア 4階(竹橋)
東京都千代田区神田錦町3-21
対象: ・NPS導入をご検討の方、運用に困っている企業様
・すでに自社でNPSのアンケートを導入しているがうまく活用できていないと感じている方
・カスタマーサクセスについて関心のある方
<対象ではない方>
・同業他社、コンサルティング会社、個人の方はお申し込みをご遠慮ください。
参加費: 無料
定員: 20名
主催: トータル・エンゲージメント・グループ

プ ロ グ ラ ム

時間 内容
15:00~16:30 カスタマージャーニーマップで確実に結果を出すNPS活用法
・ロイヤルティファースト経営におけるカスタマージャーニーの意義
・なぜカスタマージャーニーマップは、絵に描いた餅になるのか?
・定量化してカスタマージャーニーマップを描く方法
・琴線感度に触れた顧客へのアプローチ

スピーカー紹介

sakuma
渡部 弘毅 トータル・エンゲージメント・グループ パートナーコンサルタント/ISラボ 代表

1985年日本ユニシス入社以降、2000年日本IBM、2005年日本テレネットを経て、2012年にISラボ設立。一貫してCRM分野に関わり、法人営業担当、ITの商品企画、戦略および業務改革コンサルタント、アウトソース事業での経営企画、事業企画を経験。現在は顧客体験価値の向上を切り口に、ロイヤルティマネジメントのコンサルティング活動中。