やる気のない社員が70%もいるという衝撃!NPSで社員のやる気を引き出そう。

コラム

Designed by Freepik

やる気のない社員があふれる日本の職場

どの職場にもやる気のない社員はいるはずです。多くの経営者やマネージャは部下を変えるために、自分の時間を浪費している現実があるのではないでしょうか?日本の職場には、やる気のない社員があふれていると言う調査結果もありますが、その数字は他国に比べてもひどい結果になっています。

以下、昨年5月の日経新聞の記事を引用します。
「世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった」

この調査によると企業内に諸問題を生む「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、「やる気のない社員」はなんと70%に達したそうです。

この状況を改善するためにギャラップのジム・クリフトンCEOは以下のようにアドバイスしています。
「主な原因は上司にある。上司の言ったことを、口答えせずに確実にやれば成功するというのが従来のやり方だった。このマインドセットを変えないといけない。上司と部下が一緒になってどう結果を出すか、部下をどうやって成長させていくかを考えることが上司の仕事になる」

部下が働かないのもやる気のないのも上司の存在が原因になっています。部下を成長させるのは上司の手腕で、これを怠ると企業の成長は止まってしまうのです。

自社の社員をやる気にさせるためには?

先ほどの調査によると、アメリカでは熱意あふれる社員が32%もいます。日本ではパッションのある社員はわずか6%です。この違いはどこにあるのでしょうか?どうすれば、自社のメンバーのエンゲージメントを高めることができるのでしょうか?

部下のやる気が出ないのは部下のせいばかりではないというジム・クリフトンの指摘は正しいと当社のコンサルタントの佐久間と井上も言っています。上司が部下に対して関心を持たないことが、部下のやる気を削いでいるのです。以下当社コンサルタントからのアドバイスを簡単に紹介します。

もっとも重要なことは、上司が今の部下たちが生きてきた”世界”を知ることです。ミレニアル世代がどのような環境で育ち、今の価値観となったのか、社会的背景まで視野を広げて理解し、受け容れる姿勢が大切です。今までは価値観の違いに対して「これだから今どきの若者は」と一刀両断していたけれど、ミレニアル世代以降が何を大切にし、何を重視するのか、会社や組織に何を期待するのかを冷静に見つめることが、今時の上司の役割になっているのです。

彼らの価値観を受け容れることが出来たら次は、個々の言動を観察して、喜んで働ける環境をお膳立てしましょう。部下が伸び伸びと働くために上司はマインドセットを変え、成果に対して承認を与えてみるのです。

お金の豊かさよりも心の豊かさ、拒否や否定でなく承認、など部下のモチベーションを上げるために提示すべきコツがいくつかあります。 もし、コツが分からなければ、NPSを利用する手もあります。お客様の声(VOC)をしっかりと聴くことで、伸び伸び考え行動できる用意なります。上司が言ったことは信用できなくても、部下はお客さまの声で変わります。NPSを導入することで、職場の雰囲気を変えてみましょう。私たちにはいくつものケーススタディがありますので、興味がある方はお問い合わせください。

今回NPSの導入セミナーを8月29日に開催します。「マネージャーが知っておくべきNPS導入ステップと活用イメージ」というタイトルで当社のコンサルタントの井上がわかりやすく説明します。今回は講義「NPS調査の概要とVOCの活用方法」と 演習「自社にNPSを導入する方法」の二本立てになります。NPSの導入で悩んでいる方に、ぜひご参加いただければとおもいます。

詳細はこちらのセミナーページをご参照ください。